トップページ > 投資信託のコスト >  投資信託の税金

投資信託の税金

スポンサードリンク

投資信託にかかる税金について

投資信託に慣れていない初心者が理解しておかなくてはならないこととして、投資信託に関する税金のことです。
投資信託というのは、税金は分類されて取り扱いが違ってくるという特徴を持っていますので、投資信託に関係している税金のことを理解するようにしなくてはなりません。

投資信託に関する税金の分類は次のようになります。
最初に、会社型投資信託か契約型投資信託かを分類することが出来ます。
他にも契約型投資信託の場合、私慕なのか、酵母契約なのかで分類をすることとなります。
更に、法人投資家なのか個人投資家なのかでも分類されます。
そして、公社債投資信託なのか株式投資信託なのかという分類もあるのです。
これらのことについては、投資信託の税金に関する取り扱いがそれぞれ違いますので、投資信託に慣れていない初心者は注意をするようにしましょう。

このページのトップへ↑

投資信託税金の税率

投資信託税金が発生するのは、分配金を支払ってもらうときと売却をするときです。
投資信託の分類や状況などによって、支払わなくてはならない税金の区分や税金の金額は変動します。
他にも、今決められている税率に関しては、特例で優遇税率が平成20年の12月31日までか平成21年の3月31日まで延長されます。
これ以降の譲渡益課税や配当課税、利子所得課税などは、住民税5%、所得税15%の合計20%になる予定です。
ですが、株式投資信託での特別分配金については非課税となりますので覚えて置いてください。

投資信託に慣れていない初心者からすれば、所得を手に入れるのは非常に喜ばしいことですが、収益を得ると税金が発生しますので、税金の手続きは忘れないようにしましょう。

このページのトップへ↑