トップページ > 投資信託のコスト >  投資信託にかかる手数料

投資信託にかかる手数料

スポンサードリンク

投資信託にかかる手数料について

投資信託手数料は投資信託に慣れていない初心者には、忘れてはならない存在となっています。

投資信託をするのであれば、利益が最終的に手に入るまで、手続きがそれなりに生じてきます。

手続きをするには、段階、段階で投資信託手数料が必要となってきます。

このページのトップへ↑

投資信託手数料

最初に、投資信託に慣れていない初心者が投資信託を初めて購入する場合について解説します。

手続きをする際に、申し込み手数料という投資信託手数料が必要となります。
この申し込み手数料の支払いは販売会社に対してです。

手数料率は販売会社やファンドによって違います。
ファンドによっては販売手数料が無料となっている会社もありますし、基準価格の1%から3%くらいが相場であると言われています。

手数料には消費税なども必要となりますので、税金も含まれているかを確かめなくてはなりません。

他にも、申し込み手数料が必要とならないノーロードファンドという種類もあります。

このページのトップへ↑

利益を換金する際の手数料

また、最後に利益を換金するときにも必要となる費用もあるのです。

会社によって換金手数料や信託財産留保額などが必要となるところもあれば、必要とならない会社もありますので、あらかじめ確認をするようにしてください。

一般的に金融商品を持っている期間が短期であるほど、解約をする時に必要となる手数料は高額になり、長期であれば、手数料は安くなるという仕組みになっています。

投資信託に慣れていない初心者の方は、頭の中にこのような流れを入れておかなくてはなりません。

運用を開始するときは、手数料が必要となることを覚えておいて開始するようにしましょう。

販売会社によって手数料の金額は異なりますので、このことも覚えておいて投資信託を運用している会社を選ぶようにした方がいいと思います。

このページのトップへ↑

売買委託手数料・信託報酬・募集手数料

信託財産から引かれているコストとして、売買委託手数料や、募集手数料なども発生します。

募集手数料というのは、投資信託を投資家が購入する際に、支払わなくてはならない費用のことです。
これには消費税も生じます。

信託報酬というのは、投資信託で発生する運用費用の一部分を投資家本院が負担するというものです。

売買注文を証券会社に委託するときに必要となる手数料のことを売買委託手数料といいます。

どれくらいの金額がコストとして必要となるかが非常に大切となるのです。
初心者の人であれば、特に購入、売るときの料金のみに注意をしてしまいがちになります。

初心者の人は、自分でも気付かない間に損失をしてしまっていることもありえます。
このようなことを十分に理解しておき、どのように利益を得れれば、総合的にプラスとなるのかをしっかりと考えるようにしましょう。

このような努力は初心者の間にしておくべきだと思います。

このページのトップへ↑