トップページ > 投資信託の運用法 >  投資信託の解約

投資信託の解約

スポンサードリンク

投資信託の解約について

投資信託に慣れていない人は、投資信託を始める際のことから、終了をする時までの流れを一通り覚えておかなくてはなりません。
何故ならば、投資信託を開始してみても、状況が変化してしまい、大きな金額のお金がすぐに必要となってしまう可能性もあるからです。
それに、最初に思っていた投資信託会社の運営方針が変わってくることだってあります。
このような状況になったら、投資信託の契約を解約しなくてはなりません。

投資信託の初心者がまず覚えておかなくてはならないことは、一人の投資家によって投資信託が成立しているのではないということです。
投資信託の契約を一人の投資家が解約したからといって、他の投資家には影響がありません。
ですので、投資信託の中に組み込まれている債権や株式などを売却することによって解約金を確保することが出来ます。

債券や株式などを売却するときには手数料が発生しますが、投資信託を解約する本人が手数料を支払わなくてはなりません。
通常、手数料の金額というのは基準価格の金額の0,3%前後であるといわれています。
ですので、基準の価格から金額を引いた金額が、投資信託を解約したときに返ってくる金額と言うことになります。

このようなペナルティーがあるということを十分に知った上で投資信託初心者は投資信託で購入をするようにしましょう。
このようにすることによって、投資信託という多数の投資家達が支えている市場を平等にして、安定に信託財産を所持することが出来るようになるのです。

投資信託の契約を解約するときは、投資信託を購入したときの販売会社で手続きをすることになります。
他にも、解約以外にも換金を目的をしているのであれば買取をしてもらうという方法もあるのです。

このページのトップへ↑