トップページ > 投資信託の運用法 >  投資信託の分配金

投資信託の分配金

スポンサードリンク

投資信託分配金について

投資信託に慣れていない初心者は、まず投資信託による分配金が気になるのではないでしょうか?
投資の目的として、利益を手に入れる人という人が殆どでしょうから、分配金が気になってしまうのは当然ですよね。
ですが、投資信託というのは、価格が変動して利益を生み出してくれることもありますが、反対に損失をしてしまう可能性もあるのです。

ですので、投資信託に慣れていない初心者の人は、投資信託による分配金のことを知っておかなくてはなりません。
投資信託をしている会社というのは、一年の間に1度か2度ほど決算をします。
決算をすることによって、これまでに運用していた結果をまとめることとなります。
決算をして、投資信託によって利益が出ているのであれば、投資家に販売会社経由で投資信託の分配金を支払います。
このシステムを分配型と呼びます。

このページのトップへ↑

投資信託の分配金

投資信託をして利益を手に入れたとします。
その利益と言うのは基本価格が値上がりをしたり、分配金による利益となります。
利益の中で一番大切なのは分配金です。

投資信託会社や証券会社などといった投資信託を行っている会社が預かっている資本で運用をして手に入れた利益の全額、もしくは一部を決算時に投資家達に分配をするお金のことを分配金といいます。
要するに、投資家達から預かっている資金で利益を出し、その利益を皆で分配するという、非常に分かりやすい仕組みになっているのです。

受益証券の口数によって分配金が支払われるようになっており、口数が多ければ、それだけ多くの分配金を手に入れることが出来ます。
分配金の支払いには、収益をを同じファンドに再び投資をするというケースや利益を分配金として分配するケース、そして利益をどのように選択するかを投資家が選ぶことができるケースなどがあります。

追加型株式投資信託をしているのであれば、二種類の分配金があります。

まず普通分配金と呼ばれるもので、投資家の元本が分配オチ後の基準価格を越えている差額を支払うという分配金のことを指しています。
この普通分配金は税金を支払わなくてはなりません。

このページのトップへ↑

無分配型の投資信託分配金

投資信託を運用している会社によっては、無分配型と呼ばれる投資信託の分配金を投資に自動的に運用しているシステムを採用していることもあります。
無分配型というのは、投資信託を投資家が購入する際に、コースを選ぶことが可能となっています。
長期的な運用をしようと思っているのであれば、無分配型システムを選択したほうが利点は多いと思います。

ですが、投資信託に慣れていない初心者が注意をしなくてはならないこととして、分配金を手に入れてもそれで満足を市内と言うことです。
分配金係に支払われたとしても、基準価格がそれ以上に低下してしまっているケースもあるのです。
このようになってしまった場合、投資の成果は結果としてマイナスになってしまっているという意味になります。
基準価格の変動に注意をして、なおかつ、分配金に生じてくる税金などのことを計算しておかなくてはならないのです。

このページのトップへ↑

特別分配金

次に特別分配金と呼ばれるものですが、投資家の元本よりも分配落ちした後の基準価格が下回っている部分で支払う分配金のことを指しています。 要するに元本を払い戻すという仕組みになっているので税金を支払う必要はありません。 ファンドによって分配金は違っていますので、ファンドの中でも沢山分配金を支払ってくれるところは人気が非常に高くなっています。 最近ファンドの中で分配金を毎月支払っているところが増加してきています。 利益が多く出るのではないかと期待によって初心者の人の中でも分配金でファンドを選んでいる人も少なくないようです。 ですが、分配金を支払う頻度が多いといっても、これが良いとも限らないので覚えていてください。 分配金を支払うことによって基準価格が低下してしまったり、手数料も支払ってもらうときに必要となってしまいますので、結果として損失になる事だってあるのです。 投資信託に慣れていない初心者の人は、このようなデメリットもしっかりと知っておいてファンドを選ぶようにしましょう。

このページのトップへ↑