トップページ > 投資信託の運用法 >  投資信託のポートフォリオ

投資信託のポートフォリオ

スポンサードリンク

投資信託のポートフォリオ

資産を自分で運用するとき、覚えておかなくてはならないことがいくつかあります。
特にポートフォリオの作成を覚えておかなくてはならないといわれています。
ポートフォリオという言葉を初めて聞いた初心者の人もおられるのではないでしょうか?

投資の対象となっている金融商品を組み合わせることをポートフォリオといいます。
分散投資をする場合、金融商品をどのようにして選んで、どのように組み合わせていくか?
そしてこれらの資本を何%ずつ投資していくか、これによって収益というのは全然変わってきます。
組み合わせや割合、数などの総合的なプランのことをポートフォリオと言います。
ポートフォリオと呼ばずに、資産管理と言う言葉で解説していることもあります。

資産の管理というのは投資に慣れていない人には困難なものではないでしょうか。
投資をどの分野にしていけばよいのか?
投資を開始して間もない人ではさっぱり分からないでしょうし、どのように組み合わせていけば利益を得ることが出来るのか?リスクを抑えることが出来るのか?ということは、経験を積んでいる人でも正確に分析することは困難です。

投資信託であっても、どのような投資信託を組み合わせればいいのかが重要なポイントとなってきます。
初心者の人には難しいと思いますが、投資の方法をどのようにしてみても、プランを事前に綿密に考えるのは重要ですし、プランを考えておかないとこれが足をすくうかもしれません。

運用を基本的にプロに任せて運用方法を考えてもらうのが投資信託だと思っている人もいるかもしれないのですが、どのような商品を選んで委託をするのかによって、利益が出るのか損失が出るのかが決まるといっても過言ではありません。

ですので、自分自身でも計画を慎重に練っていき、ポートフォリオを万全な体制で作るようにしましょう。

このページのトップへ↑