トップページ > 投資信託の運用法 >  投資信託とファンド

投資信託とファンド

スポンサードリンク

投資信託とファンド

投資信託のことを初心者の人が理解していき、自分で情報収集をしようと行動するとき、一つの単語を色々なところで見ることになると思います。
この単語とは、ファンドのことです。

ファンド=投資信託と書いており、同じ意味として書いていることもありますので、ファンド=投資信託と覚える初心者の人も大勢いるのではないでしょうか?

ですが、ファンドと投資信託というのは、実際には同義ではないのです。
本当はファンドの中に投資信託というものがあるというのが正解なのです。

ファンドというのは、投資信託会社や証券会社などの機関が複数の投資家から資金を集めて、機関が運用していくという金融商品となっており、この部分は投資信託と同じ内容となっているのですが、ファンドの場合その範囲は幅広く、投資信託の他にも商品が沢山あります。

このページのトップへ↑

私募投資信託と公募投資信託

投資信託では、私募投資信託と公募投資信託の2種類があります。
私募投資信託というのは、機関投資家や少人数のお金持ちなどが行う投資信託のことを指しています。
そして公募投資信託は、一般の投資家が行う投資信託のことです。

投資信託以外にも特定金外信託や、様々なカテゴリーに特化しているものもファンドの中にあります。
例として、資金を投資家から集めて、この資金でCDを出したとします。
このCDの売り上げを分配するというファンドもあるのです。
このようなファンドのことをミュージックファンドといいます。
この他にもアイドルやゲーム、ワインなどのファンドも存在しています。

このように様々な種類の中に投資信託が含まれているということです。

なかなか区別を初心者の人はつけるのは難しいかもしれないですが、ファンドの中に投資信託というものがあると考えておけば大丈夫だと思います。

このページのトップへ↑