トップページ > 投資信託の基礎知識 >  上場投資信託とは

上場投資信託とは

スポンサードリンク

上場投資信託

投資信託には、商品の指数や価格、株式指数などによって価格が変動をするために上場しているものもあります。

このような上場のものを上場投資信託と呼びます。
上場投資信託の正式な呼び方は、株価指数連動型上場投資信託という名前で、略してETFと呼ぶこともあるみたいです。

上場されているものですので、市場で取引をすることが出来るようになっています。

上場投資で連動している指数として、日経平均株価やTOPIXなど、株式取引で馴染みのある指数となっているので、株式の知識を持っている人には、比較的馴染みやすいのではないでしょうか。

このページのトップへ↑

上場投資信託の特徴

普通の投資信託の場合、資金を投資家から預かるときに、受益証券を発行するものなのですが、上場投資信託であれば、受益証券が発行されるときは、現物株式が大口の投資家からユニット化された場合に発酵されるようになっています。
つまり、受益証券を大口の投資家が放出し、その受益証券を普通の投資家達が取引しているという仕組みになっているのです。

取引は市場で行われているので、普通の投資信託と比べて、売却するときも購入をする時も、安いコストとなっており、信託に支払う方主も安くなる場合があるみたいです。
このようなコストを削減したいのであれば、上場投資信託はお得な金融商品ではないでしょうか。

他にも、運用会社に基本的に委託をする形となっているのですが、ネット証券会社で申し込みの手続きをすることが出来るようになっているので、株と同じように媒介をすることが出来るのです。

少ない運用費用にすることが出来、手数料も株式と同じです。
それに情報収集をするのも簡単となっており、媒介は立会時間中であればすることが出来るので、投資としては非常に有効な方法なのではないでしょうか。

投資信託に慣れていない初心者には扱いが難しいと思いますが、小額からでも始めることが出来るので、初心者でも参入をしようと思えば参入できるのです。

初心者でもベテランでも、幅広い人達が上場投資信託をしているのです。

このページのトップへ↑