トップページ > 投資信託の基礎知識 >  不動産投資信託とは

不動産投資信託とは

スポンサードリンク

不動産投資信託とは

投資信託の魅力を挙げるとすれば、色々な金融商品が沢山存在しているということだと思います。
投資信託に慣れていない初心者は、自分にとってどれが一番適しているのか、ということで頭を悩ませる人が大勢いるのも当然です。
最初に、色々な種類の金融商品について理解をしてみるというのはどうでしょうか。

投資信託に慣れていない初心者の人は、投資信託の中に組み込まれている債券や株式などであれば、身近な存在として感じるのではないでしょうか。
ですが、投資信託というのは株式や債券だけではありません。
中には不動産投資信託という種類もあります。
2000年に法律が施行されて不動産投資信託が認められ、投資信託の対象を不動産にした運用方法のことです。

不動産に集まったお金を運用をするというのが、不動産投資信託と呼ばれるものです。
ですので、資金として集められたお金で、賃貸商業施設や、オフィスビルなどに運用をして、利益は賃貸収入からということになっています。
賃貸収入は安定をしており、いきなり価格が変動してしまうという不安定なものではありません。
安定した収入が定期定期にあるわけですから、株式などと比べて分配金も安定して手に入れることが出来るのです。

投資信託に慣れていない初心者が不動産投資信託を始めるときは、優良物件と出会わなくてはなりません。
ですので、優良物件に関して胃の情報を提供してくれる相手を見つけなくてはならないということになります。
中古物件にするか、新築物件にするかを選択することも重要となりますが、最初に、絶対の信用をしているパートナーを見つけることが出来なければ、敵泣くな方針を立てることも出来ませんし、情報交換をすることも出来ないのです。
パートナーを見つけることによって、不動産投資信託を成功する可能性が一気に上がるのです。

このページのトップへ↑