トップページ > 投資信託の基礎知識 >  株式投資信託とは

株式投資信託とは

スポンサードリンク

株式投資信託と公社債投資信託

株式投資はたくさん種類がありますが、投資信託になれていない初心者は、投資信託の種類について理解した方がいいと思います。

分類はいくつかにされていますが、投資対象別と証券投資信託に分類すれば、大きく2種類に分けれます。
この2つとは、株式投資信託と、公社債投資信託のことです。

公社債投資信託というのは、短期の金融商品や公社債などのみを運用するようにして、株式は組み入れない運用方法のことです。
次に株式投資信託というのは、運用方法に株式を取り入れるというもののことです。
つまり、公社債を株式投資信託の中に取り入れることも可能ですし、自由に取り入れるかどうかを決めることが出来ますので、制限は公社債投資信託のほうが厳しくなります。

株式に資産の一部を組み込むことが株式投資の場合は出来ますので、今は組み入れないでいても、株式投資をすることができるのであれば、株式投資信託に分類されます。
投資信託に慣れていない初心者は、このことを理解しておいた方がいいかもしれないですね。

このページのトップへ↑

株式投資信託と公社債投資債信託の所得

他にも、この2つの投資信託には大きな相違点が他にもあります。

まず、株式投資信託で契約しているのであれば、所得は配当所得に区分されます。

次に、公社債投資債信託に契約しているのであれば、所得は利子所得に分類されます。
このことから分かるように、投資基準は公社債投資信託のほうが設定が厳しいと言えるのではないかと思われます。

投資信託に慣れていない初心者は、公社債投資信託を選ぶのか、株式投資信託を選ぶのか基準となるのではないでしょうか。

このページのトップへ↑