トップページ > 投資信託の基礎知識 >  投資信託とは

投資信託とは

スポンサードリンク

投資信託とは

皆さんの中で投資信託と言う言葉を聞いたことがある人は大勢いると思います。
近年、投資信託を始めている人が増加してきているので、聞いたり実際に投資信託をしている人もおられるのではないでしょうか?

投資信託について解説をする前に、投資についてと信託について解説したいと思います。

自分の現在の資産を運用して、資産を徐々に増やそうとしている行動のことを投資といいます。
色々な投資対象が投資には存在しています。
株式や為替、マンションなどの不動産に土地などが投資対象となっています。

他にも人間も投資対象となっているのです。
これまで実績がなかった人に投資をして、成長させるようにするための投資も、同様に投資としての定義に該当しているのです。
例えば、野球で行われているドラフトなどについても一種の投資といえるのです。

次に信託についてですが、資産運用会社に投資家達が、自分の資本を預かってもらうことのことを意味しています。

この「投資」と「信託」を合体させた運用方法が投資信託なのです。

投資家の資産を運用している投資信託会社や証券会社などといった専門機関が投資家の資本で投資をして、この運用で得られた利益を投資家達に分配するというシステムとなっている金融商品となっています。

要するに、運用会社に自分の資産を預けて、資産を運用会社に運用を委託して、運用によって得られた利益の一部を分配金としてもらう仕組みになっているのです。

投資信託は近年、流行となっていて、投資信託を始める初心者の人が増えてきています。
これは何故かというと、自分の資産を運用会社に委託して運用をしてもらうことが出来るので、何の知識を持っていない初心者の人でも参入をすることが簡単だからです。
ですが、自分の資産をどこの運用会社に実際に預けるのが一番いいのかを情報収集して、投資信託を開始するのが一番いいでしょう。
初心者でも、初心者にハンデが生じてしまうことになってしまうということはありません。
条件は初心者でもベテランでも同じなのです。

投資信託とは、自分の資産を増やしていく可能性もありますが、逆に資産を失ってしまうリスクもあるということを覚えて置いてください。

このページのトップへ↑